ブリーダー崩壊によりちばわんさんにレスキューされた犬達の内の1頭である日向が、2013年9月1日に我が家に来てくれてからの日々の事などなど


by tebakom

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

タグ

リンク

2011年10月17日にコビーが、2013年6月25日にユロが、虹のたもとに行きました。

ちばわん

森ねこさん

Cafepart2(黒犬のアイコンなど拝借中)

記事ランキング

ブログジャンル

関東
犬

画像一覧

その他のジャンル

ひなちゃんが来た 2

d0149446_19155545.jpg


うちに来る前日、ブリーダーさんはひなちゃんにシャンプーをしてくださったのだそうです。
それを聞いた時、あの日のブリーダーさんの、「私らは、犬を人に渡すのが仕事だから」という言葉が思い出されました。

日向のブリーダーさんは、愛護センターではなくレスキューを選んだ。
レスキューが来た後も、毎日世話に通った。

あの繁殖場では、16才まで生きた子もいたらしい。それって使い捨てじゃなかったという事なのでは。そんな事をしてたから、あの狭い場所に46頭も増えてしまったのでは。

穿った見方かもしれませんが、あの時の台詞は、ブリーダーとしての矜持をちょっとだけ、のん気そうな主婦に見せたかったのではないかな、と。

…何となくですが、そんな風に思えたりもするのでございます。
[PR]
by tebakom | 2013-09-27 20:10 | 日向